女王様やS女性とSMツーショットで楽しく話したい!

ここに一人の男性がいます。
「実は20過ぎたあたりかたマゾという自覚があったのですが、この事実を誰にも言い出せなくて…。
年齢は47歳、これでも妻子持ちです。会社は上場企業で営業部の課長をやっています。
社内では厳しい上司として通っており、部下たちをキツく叱る日々なのですが…本当は誰かにキツく叱って欲しくて…。
実は以前、SMクラブに足を運ぼうと思いましたが、SMクラブが集まる新宿が職場ということもあり、「もし見られて社内に知れ渡ったらどうしよう」とか、世間体や妻の目もあり断念せざるを得ませんでした…。
でも、誰かに叱られたい、罵られたいという想いは日を追うごとに募るばかりで…一体どうしたら女王様やS女性とSMプレイできるのでしょうか?」


この男性は明らかにM男なのですが、いま自分が置かれている立場を冷静に考えると、どうしてもSMクラブに行くことができないようです。
しかし、そのせいで精神的にもどんどん追い詰められている様子がうかがえます。
このページをご覧いただいている方の中にもこの男性と似た境遇に置かれているMの男性は多いのではないでしょうか。
だからこそこのページに辿りついたのだと思います。そんなM男な人たちを解放してくれるのがSMツーショットなのであります。。


これを知ればSMツーショットが100倍面白くなる!

家にいながら、または出張先からSMツーショットダイヤルでSMプレイするぞ!でも楽しみ方がわからない。
そんな方たちのためのSMツーショットダイヤル指南サイトがこの『女王様・SMツーショット指南塾』です。
SMツーショットは電話を使ったSMプレイをするサービス名称ですが、本格的なSM調教が愉しめます。
電話だと侮るなかれ。受話器の向こう側にいる女王様は現役の女王様ばかりです。中にはSMクラブの顔になっている女王様もいらっしゃいます。そんな女王様たちが、キツ~イ叱咤でM男の服従心を粉々に粉砕してくれます。
このツーショットダイヤルは調教してもらう場所を一切問いません。
携帯電話ひとつあれば、自宅はもちろん、車の中で、出張先のホテルでと好きな場所からコールして女王様にSM調教してもらうことが可能なのです。
わざわざSMクラブに足を運ぶ必要などないのです。しかも、SMクラブよりもお手軽、かつ濃密にあなただけを調教してくれる女王様がここには大勢いるのです。
「じゃあ、どうなって女王様とSMツーショットするんだ?」
安心してください!これから説明しますよ!!


どのようにしてSMツーショットを楽しむのか

ここであなたは、素直な自分でいてください。
持っている性癖に関しても、決して包み隠そうとはせず、ありのままを女王様に告白すべきです。
女王様はあなたの性癖に興味を持って話をしてくれることでしょう。
ただし、あなたのして欲しいSMプレイのみを伝え、一方的に要求をするのはエゴマゾと言われ、女王様に最も嫌われます。
これはSMクラブでも同じです。「俺は金を払っているんだ!して欲しいことだけしてくれ!」という考えなら改めたほうがいいです。
女王様も自分が楽しくなるプレイができなければ、女王様側から電話を切られます。
現実では絶対に人には見せられない、見せたくない本当の姿。それをここで女王様にさらけ出し、罵られながら手厳しく躾けてもらうのです。
女王様とのやり取りは声のみですが、そこから生まれてくる『妄想』はあなたの中で快楽を10倍にも100倍にも高めてくれるものです。特に精神的な快楽を重要視するSMの世界でこれらを活用しない手はありません。


女王様とのテレフォンセックスも可能!

女王様からの厳しいご命令に耐えられれば、ご褒美として女王様はあなたとの『テレフォンセックス』を許可してくれることでしょう。
現実のSMで女王様がセックスをしてくれることはほとんどありませんが、ツーショットダイヤルの世界ではそれが暗黙のルールになっているようです。
女王様の優しさに触れられるのもツーショットならではといえるでしょう。ただし、女王様に気に入られればの話ですが…。
そのためには、仮面を被った普段のあなたではなく、本当の姿をさらけ出して女王様に手厳しく躾けてもらうことが肝心です。
さぁ、射精管理されて溜まったものを一気に女王様の温かい中に放出してください。


SM専門ツーショットダイヤルといえばイエローキャット

私が今一番あなた達に伝えたい事。世間にはSMツーショットダイヤルは多く存在します。
その中でもイエローキャットというSM専門のツーショットダイヤルを是非使って欲しい。
この一言に尽きます。